GRAND BARAKI ~グランドバラキ~

ロシアンブルー2匹との東京の下町リバーサイドライフ。2008年~2011年4月までの仔猫の記録でもあります。 このたびgooよりfc2にお引越ししました。

ネコとの終わりなき戦い

ネットで検索すると「ネコには毒性が強い」と書かれている観葉植物の「ドラセナ類」
が、しかし・・わが家では普通に置いてます。
しかし、この「フサフサ〜トゲトゲ〜」といった葉っぱが、ネコにとっては魅力的なようです。
親猫は噛み切り(食べることはないみたい)子猫達は2カ月ともなるとよじ登り「おしりでドスン」
結局ズタボロにされてしまいます。
梅雨時、家中の観葉植物を外に出して刈り込んでしまいます。すると夏には青々と元気な葉が・・・。

鉢の横になにやらうごめくモノが・・・。


あ〜・・・。


ふふ〜ん。


ハンターの目をしています。。。秋に部屋にいれたら早速・・・餌食にされると思われます。
よく「植物や花はネコには危険だから家には置かない」という方がいらっしゃいますが、
そこまで気にされなくて良いと思いますよ〜。毒があるモノは避けますから。
それより家庭に転がっていたり、不用意に人が置いてしまう「小物」の方が、もっと危険でしょう。

「常に整理整頓」することが大切なんでしょうね。


さて、ここ数年不思議に思っていた疑問が、とあるブログ解決しました。
岡山のおっさん美容師さんのブログです。

私の不思議に思っていたコトというのは・・・
「経皮毒」

男性は知らないと思いますが、化学系繊維から作られた「ナプキン」を使うと子宮に問題が生じる原因となりえるので「布ナプキン」というものが流行っているんです。
節約やゴミ削減のためなら良いでしょう。しかし勘違いしたらいけないのは流通している製品を使用しても
「毒」はたまりませんって。
そんなことより婦人科人間ドックを受診した方がよいです。

※山王メディカルセンターでの人間ドック

う〜ん、疑問だ。と思っていました。が、こちらのブログで「な〜んだ、やっぱり疑問に思う方も居るんだな」と納得しちゃいました。。。 ※ブログはこちら

「ノンシリコンシャンプー」も「?」だったんです。実は使っています「ノンシリコン」でも「痛むこともなく真っ直ぐな私の髪」にはどんなシャンプーを使ってもイマイチ効果は分かりませんでした。
ヘアサロンでカラーリングをしますが、シリコン系製品を使っていても、ノンシリコン系をシリーズで使っていても「差」が無くキレイに仕上がるので・・・。しかも「湿度が高い時はノンリンス・ノントリートメント」です(笑)


「石鹸シャンプー」もアトピーが酷い時に使ってみましたが、脱脂力が強く「健康で真っ直ぐな私の髪」は痛みませんでしたが・・・手と首がカピカピに・・・。
それより、「すすぎに使う湯の量」が尋常ではない量を使うのが疑問。
※このブログでご覧ください。化学的にも常識的にも正しい見解です。

では、「ドS美容師さん」のブログをご覧くださいね。オススメです。

 










☆ランキングにも参加しております。ポチッよろしくお願いします☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへにほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへにほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへにほんブログ村






ロシアンブルー
葛飾区 
新小岩
京成立石
東京
東京都











関連記事
  1. 2011/08/03(水) 16:18:00|
  2. gooブログアーカイブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<このままカップ | ホーム | 久しぶりに・・・ミルクフォーマー登場>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grandbaraki2.blog.fc2.com/tb.php/693-70e829d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)