GRAND BARAKI ~グランドバラキ~

ロシアンブルー2匹との東京の下町リバーサイドライフ。2008年~2011年4月までの仔猫の記録でもあります。 このたびgooよりfc2にお引越ししました。

はしかた化粧品 買ってみました☆

東京では「デパートの催事」でしかお目にかかれない「はしかた化粧品
どうしても試したくて調べていたら「なんだ☆ネットで買えるんじゃない」
てなことで「大人買い」しちゃいました。


先ず、結論。「リピート決定」
アトピー体質で長年皮膚科に通院している身としては「汚れを落とし」「保湿」して「しっかりと油分でこれでもか!と保護をする」タイプの化粧品が好みなので・・・。
1週間の使用でキメが整い、小じわがふっくらして(もともとあまりシワは無いですが)は凄いと思いました。後は、北海道で出来た「シミ」と加齢からくるシミについてどれだけ効果がでるかというところかな?
全体的には「30代以上の乾燥肌〜アトピー体質」向けかと思います。
価格がこれだけ押さえているのは容器に余分な費用をかけていないですし、外箱等もつけないところでしょうか。化粧水の容量は120mlと少なめですが、クリームは30グラムと市販品とあまり変わらないのでお得かと思われます。



「化粧落し 500円」「美容化粧液 1,000円」「透潤白化粧水 1,000円」
「箸方石鹸W 1,000円」


「噂」の500円クリーム 3点
「美容クリーム」「透潤白クリーム」「じゑる」


「噂」は本当でした
先ずは、クレンジングについては妥当なお値段で使い心地はとても良好。
皮膚科専門医の女医さんが開発しただけはあります。
基本的にダブル洗顔をするのが皮膚科医のスタンス。汚れは出来るだけ速やかに落とすのが
一年をとおしてベースとなります。洗顔石鹸は「石鹸素地」をつかったシンプルなモノですが、
一応、5種類あるので私はしっとりタイプをチョイス。
クレンジングは「ジェル」タイプですが、どちらかというと「オイル」に近いと思います。
濃いめのアイメイクも単体でしっかり落ちます。容器も大きいので価格は妥当。

化粧水は2点使いしているのですが「浸透」と「潤い度」が高いので120mlにしてはコストパフォーマンスは高いと思います。美白系を先に使って水分を与えて、さらに化粧液を美容液代わりに使うと2品ですでに「プルプル」です。
美白系にありがちな「乾燥」がないのが良い。プラセンタが入っているのがしっとりさせている所なのかな?
美容液タイプのとろみ化粧水は、「肌がごわつく」「厚い」方は浸透しにくいと思います。
皮膚科にお世話になるような肌は「薄い」「弱い」「白い」といった方が多く、コットン使いは
刺激が強いのでこういった「とろみ系」はとても望ましいのです。
とろみ系が「浸透しない」といったタイプの方は「ゴマージュ」や「スクラブ」で角質を柔らかくすることを週1すると浸透します。

「じゑる」は、暑くてたまらんので一緒に購入してみました。が、一般的なオールインワンジェルよりずいぶんと潤います。朝、「透潤白化粧水」を付けた後「じゑる」を塗布。これで真夏の乾燥肌もさっぱり潤います。
「透潤白クリーム」はまだ効果の程はわかりませんが、塗った後の「膜をはる」感じが「おお!蓋している」という感じがして結構好きです。美白系クリームにしては相当しっとりしています。

で、10年ぶりに「感動の域」に達したのが「美容クリーム」
これ「500円」ですよ。本当に「あなたウソついているでしょ」と
思わず言いたくなる使用感です。
薬草の「オウバク」の色で「薄黄色」のクリームは、テクスチャー固めですがしっかりと伸びる。
この手のクリームは「薄く」ではなく「たっぷり」使った方が良いのですが、如何せん、ここ数日暑くてたまらんので、美白系の後に気になる目もと、頬等に使っています。
なんと一晩で「毛穴無いじゃない???」と言った感じです。
「手ごたえを感じます」とメーカーさんのHPには書いてありますが、「朝起きるとハリとツヤが蘇る」といった状態でした。



これだけ大人買いしましたが、理由は「送料無料」のハードルが5,000円だったから。
上記商品購入で、ピッタリ5,000円也
でも、次回リピートの時はどうしましょ・・・。




関連記事
  1. 2011/07/05(火) 17:27:07|
  2. gooブログアーカイブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<北海道ちょこっと足早の旅 6 「鰊御殿」と「石狩挽歌」 | ホーム | 葛飾七曲でボート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grandbaraki2.blog.fc2.com/tb.php/664-93fd7c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)