GRAND BARAKI ~グランドバラキ~

ロシアンブルー2匹との東京の下町リバーサイドライフ。2008年~2011年4月までの仔猫の記録でもあります。 このたびgooよりfc2にお引越ししました。

東邦医大の美人女医・・・☆

暑ぢぃ〜〜〜
暑がりの日光過敏ときてますので、ノースリーブに今年流行りのロングジレで「カッチョイイわ」と車乗っていたら、右肩水ぶくれです・・・おかしい!UVカットのハズなのだが、ウチの車は。
とりあえず「ストロングタイプ ステロイド」で炎症押さえたら2日で治りました

薬箱には皮膚科医から処方されたステロイド強〜弱にはじまり古典的な亜鉛華軟膏、アズノール、抗菌剤、などなど。。。
この小箱が無いと旅にも出れません。。。
そうそう「ステキな皮膚科医の見つけ方」をお教えしましょう。
先ずは・・・

1.皮膚科専門医であること
2・処方薬(クリームや軟膏)の「使う期限をしっかりと説明する」
  これが大切です。一日2回4日トライしてとりあえず再来してね。これが正しいと思います。
3・ステロイド軟膏の使い方を熟知しており、ひどい時には躊躇せずコレで治す、
4.古典的な薬も使っている(亜鉛華軟膏やアズノール軟膏などの昔のおむつかぶれなんかにつかうヤツ)
5.ある程度の「おっさん」「おじーちゃん」または「おばさん入っている」程度の年齢層、
  開業医としての臨床経験が豊富で、無理に美容皮膚やレーザーをすすめることがない。
6・点眼鏡を使ったり、手できちんと触れる、患部以外のところもよーく観察している。

7.コレが大切!「治そうと思わないこと。イイ状態の時を維持する」特にアレルギー疾患の場合は先生もこういってくれ  ないと、患者は参ってしまいますから。

私、「女医さん」が苦手なんですが、(めんどっちいので)お一人だけ運命的な出会いをしております。

東邦医大 大森病院の今は准教授「関東 裕美先生」
お年は多分私より10程度上?でもロングウェーブヘアを束ねることもなくメイクもばっちりの美人。
診察時の会話は「男前」
「男前」って言葉がぴったりの女医さんです。
彼女の「検査」は「徹底的」です。
問答無用「はい、有休5日間はとってね」ってかんじで検査に挑みます。

先生に褒められたのは「アトピー」でこんなに苦しんだのに「顔だけ」はなぜにきれいなの???
「30代アトピーきれいな肌代表」でお写真撮ってもらいました
先生曰く「メイク」特に「下地」「ファンデ」「お粉」と重なる手順は外からの刺激に弱い肌には一番よいそうです。
もちろんボディも「合うクリームやローション」を毎日塗る。
ここの「接触皮膚炎外来」では「メイクをするな」なんてぜったいに言いません。逆に「エステの手法」を取り入れたり
学生さん達とキャハキャハ言いながらクレンジングの仕方談義なんてしたりします。


まぁ、7年前の夏の検査以来「アレルゲンがほとんどないのにアレルギー起こす特異体質」と判明し、
「子供作る時は階下の特殊婦人科あるから紹介するよ。死にかけるかも知れないから」と先生が冗談半分いってましたが、
それだけ健康そうな外見でも内部は「綱渡り」な体質ってあるのですね。。。。
私は「痛いの、苦しいの、かゆいの、疲れるの」大っきらいなので、ネコの子で十分です。先生



体質的に夏が合わないとブログにコメントしましたが、例の漢方薬・・・なんとなーく「お腹」に効いてきました。通常飲んでから漢方薬の効果が出るまで2カ月程度はかかるハズ。なので気のせいかもしれませんが

さて、仕事復帰した途端(今のところ週にチョビっとですが・・・)バッグが大きめになりました。
置いてると中をあさる子が・・・。毎回これやって何が楽しいのだろう




お留守番のご褒美に新しいおもちゃ「特売」で買ってきました



たった1時間程度で虫タンが行方不明となっております。。。。




★昨日注文したトートバッグがもう届きました。御稽古やジム、荷物が多い時にピッタリのB4サイズ。若い子に独占は勿体無い★







★@cosmeでも人気のファンデ。7月から9月にかけては愛用中。汗に強いのに乾燥しにくい。爽快ドラッグなら送料設定がお得なのでついでにいかが?★



★履いてみたからオススメします☆見た目もソールも履き心地も相当イイ!革じゃないから梅雨時も安心ですね★





☆ランキングにも参加しております。ポチッよろしくお願いします☆
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへにほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへにほんブログ村


にほんブログ村 猫ブログへにほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへにほんブログ村






ロシアンブルー ブリーダー 子猫 出産情報 
総武線東京 市川子猫産まれました
関連記事
  1. 2010/07/04(日) 12:31:16|
  2. gooブログアーカイブ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベンベとビーエム | ホーム | 四つ木「ゑびす」は和みの空間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grandbaraki2.blog.fc2.com/tb.php/379-b61913f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)